不動産投資家で消費税還付を受けたいお客様から、よく頂くご質問に「消費税還付って銀行が嫌がるんじゃないですか?」というものがあります。

この答えは、明確です。

全くそんなことはありません。

むしろ、物件購入の前段階の時点で融資の相談に銀行に訪問して打合せをする際、向こうから消費税還付の話をされることがあるくらいです。

あっ、ただうちのお客様の場合はたまたまそうだったのかもしれませんので、その点はあしからず。

「銀行から嫌がられるんじゃないか?」というご質問ですが、銀行からすると「もともと還付を考えているのであれば、その分は融資しなくてもいいんじゃないんでしょうか?」という考えもなくはないというところからきているものと思います。

確かにその通りだとも言えるのですが、実際のところは、銀行も優良なお客様には融資額を増やしたいという思いがありますし、彼らもノルマがあります。

そのため、消費税還付に対して、特にネガティブに捉えてはいないのが彼らのスタンスなのです。

弊社のお客様で、都市銀行から融資を受けているお客様もいらっしゃいますが、その場合でも、消費税還付に対してはウェルカムのスタンスだったとおっしゃっていました。

ですので、不安に思われている方はご安心頂ければと思います。

ただ、向こうのスタンスが、まだわからないうちは恐る恐る様子をうかがってみるという感じで探ってみるというやり方をお勧めします。