ふるさと納税が今、大変流行っていますよね。

わたしも毎年やっていますが、ふるさと納税が流行っている要因の1つに返戻率の高さがあると思います。

節税できて、ものが貰えるという点でみんなの気持ちを掴んだわけですが、実はほとんどの人が知らない「ある盲点」があるんです。

それは、返礼金が50万円を超えると超えた分が、一時所得となり税金がかかるという話です。

ふるさと納税は、その地域にお金を払って代わりにものが貰えますが、今現在だとその返礼品は支払った金額の30%が目安になっています。

なので、1万円支払えば3000円をもらう計算になるわけです。

その3000円が積み重なって50万円を超えるとその超えた分に税金がかかるわけです。

一時所得として。

税金ってホントにややこしいですよね。

せっかくのふるさと納税という制度を活かすためにも、一時所得の対象から外せばいいのに、と個人的には思っています。

ふるさと納税に限らず、支出を増やせば税収も増えるのに、すぐに税金を取ることばかり考えるからがんじがらめになって、みんな財布のひもが固くなることに気付かないんでしょうかね。。。