年末になると宝くじが街中で販売されていますよね。

そして、最近、話題の仮想通貨。

宝くじと仮想通貨どっちを買ったらいいのかな?という疑問が湧いたことのある人は大勢いらっしゃることだと思いますし、たぶん、これを読んでいるあなたもその1人だと思います。

宝くじは、圧倒的大多数の外れくじの上に1等2等が存在しています。

しかも、その当選確率は、1000万分の1です。(1等の場合です)

はずれれば、全額、損失です。

一方、仮想通貨の場合は、株式投資と同じように最初に投資した人は、ただ保有し続けていれば後から参入してきた投資家さん達が値段を上げてくれるので、その分が利益です。

全額、損失になる可能性もなくはないですが、宝くじと比べればかなり低い可能性でしょう。

なので、結論から言うと、宝くじよりも仮想通貨の方が利益を出せる可能性は圧倒的に高いと言えるのです。

 

次に税金の話。

宝くじって当選すると税金かかるんですか?という疑問が湧いてくると思います。

結論からいうと、税金はかかりません。

確定申告もする必要ありません。

というのも既に宝くじを購入する時点で税金を支払っていることになっているからです。

その税率はなんと40%です。

例えば、3000円分の宝くじを買った場合は、1200円分の税金を支払っていることになるのです。

一方、仮想通貨の税金の話。

仮想通貨は買って売ったら、その差額に対して税金がかかります。

確定申告も必要になります。

その税率は所得税率の表に対応したものになりますが、

最低税率5%

最高税率45%

となっています。

住民税を加味する場合は、10%プラスするだけです。

宝くじは支払った額に対して40%。

仮想通貨は利益に対して最高45%。

どちらも率で見ると似ていますが、支払う額で言うと、おそらく圧倒的に仮想通貨の方が高くなりますね。

どちらも有利不利ありますが、トータルで見れば圧倒的に仮想通貨に軍配が上がると思います。

仮想通貨で利益が出た場合は、お問い合わせ頂ければご相談に乗りますのでお問い合わせフォームからご連絡下さい。