最近、老後破産という言葉をよく目にします。

若い時代に貯金や資産構築をしなかったために、年を取ってからお金に困ってしまう状況を指しますよね。

おそらく、どこの国においても同じ問題が起きているものと思われます。

平均寿命が延びている点と、それに伴い年金を受給できる年齢が大幅に上昇している点が論点としてありますよね。

平均寿命が延びるのは良いことだとしても、年を取っても働かないと生活ができないという状況は誰しも避けたいのではないでしょうか。

勤労収入だけに頼るとどうしても収益力が弱まりますので、老後破産の可能性は高まります。

5000万円や1億円といった大きな金額の貯金がなくとも、毎月毎月生活できるだけのお金が継続的に入ってくるのであれば、大金が手元になくても老後の生活をお金の心配なく送っていくことは可能です。

40代50代で今現在、将来の資産形成について何もしていないという人がいれば、黄色信号が灯っていると思った方が良いでしょう。

今の時代、資産形成をしていく方法はたくさんあります。

ただし、それらを扱う関連業者には十分気を付ける必要があります。

信頼のおける誠実な業者を見つけないと、逆に資産が大きく減り、逆効果となってしまいます。

大金を投じる際は、よくよく考えてから実行しないとひどい目に合うことになります。

わたしは資産運用のご相談もよく受けますので、もし気になる方がいらっしゃれば、是非、お問い合わせフォームからご連絡下さい。