時間のある時はなるべく資産運用系の本や税金の本を読むようにしています。

それは自分の資産を守るためでもあり、より多く増やすためでもあります。

また、自分が税理士なので、お客様に情報提供するためでもあります。

そうやって本を読んでいく中で、以前から持っていた金持ち父さん貧乏父さんの本を読み返してみました。

やはり、ロバート・キヨサキはすごいですよね。

日本人はお金の話をするのは下世話で、勤労収入こそが美しいという認識が強いかと思いますが、ロバート・キヨサキは、まったく真逆の発想を持ち、それを実践し、成功者となりました。

日本でも金持ち父さん貧乏父さんがベストセラーになったのは、お金に対して真摯に向き合わなければならない、という認識を持っている人が実のところ多いからではないのかと思っています。

いまどき、資産運用は危ない、資産運用なんかしないで労働収入だけで生きていくべきなんだ、と言っている人は逆に珍しいでしょう。

ロバート・キヨサキについて短くまとめた面白い動画があったので、見てみて下さい。

7分ほどで見れます。