世の中的に税理士に求める仕事内容としては、会社の経理をお任せして申告までお願いするという点がメインだと思います。

わたしも税理士を取得する前に、近くの税理士に大家業の申告をお願いしていましたが、そのような認識でした。

あまり、税理士に対して売り上げを上げるための方策やコンサルティングの相談をされる人が少ないのはそういう認識が多いからだと思っています。

ですが、税理士自身がそのようなスキル、つまり顧問先の売上を上げるスキルや集客のサポートができる人が増えれば、そのような世間的な税理士のイメージが少しは変わってくるのではないかと思っています。

売上増加をどうやって行えばよいのかわからない顧問先に対して、適切なアドバイスが出来ればと日々、私も情報収集を続けているところです。

この税理士という仕事は、勉強し続けなければ取り残されてしまうような気がします。というのは、経済取引は年々、複雑化、多様化しているからです。

そして、税理士という立場は、顧問先の売上を上げるというアドバイスが最も行いやすいという点があります。

税理士は経理と申告だけやっていればいいんだ、経理と申告だけを頼む存在なんだ、という認識が現在の顧問料低価格化になってしまっているのだと思います。

コンサルティングのスキルを身につけるのは、なかなか時間がかかりますが、わたしは売上やご自身の収入を安定させる上で信頼がおけるものとして不動産なのかなと感じています。

私自身、不動産からの収益でかなり助けられています。
ですので、会社の収益や、個人の収益を安定させたいという人にとって不動産はありがたい存在だなと思っています。