「勤務医に不動産投資がおすすめな5つの理由と節税に効果的な3つの理由」

https://www.zeiri4.com/c_3/h_315/

このようなタイトルで、税理士ドットコムさんから記事の監修のご依頼があり、書かせて頂きました。

勤務医は最も属性が高いため、銀行からの評価も高くなります。

つまり、融資額が最も多く出る仕事のため、不動産屋さんからは最も好かれる存在です

実際のところ、公務員よりも融資額は出ます。

2008年のリーマンショックの際、銀行融資は相当な引き締めがあり、物件が買えない投資家さんが続出しましたが、勤務医だけはそれ以前と変わらずに融資が出ていました。

そんな勤務医さんに向けての記事が今回のものになります。

勤務医は仕事量が多く、残業も多いため、給料が殆どそのまま残っている人も多いと聞いていますが、浪費に使うくらいなら、不動産を購入してお金に働いてもらった方がずっと得でしょう。

開業医として独立する際にも、不動産の収入は支えになってくれますしね。

私も独立した際には、不動産からの収入が生活を支えてくれましたので、不動産には大変感謝しています。

勤務医でない人でも、収入があるうち、属性の高いうち、サラリーマンであるうちに不動産を購入し、いつ仕事を辞めてもいいような状況を作っておくことが大事かと思います。

意外と、自分が思っているよりもバリバリ仕事ができる時期は短いものなのだと思います。

記事はこちらから読めます。

https://www.zeiri4.com/c_3/h_315/