本日、ついに本が書きあがり印刷所へ送付されました。

いやー、感慨深いです。

約3か月~4か月ほど付きっ切りで書いていたので、非常に疲れましたが、なかなか満足のいく内容に仕上がりました。

「儲かる物件選び」と「節税」の内容とで「1粒で2度おいしい」という内容になっているのですが、ページ数が240枚以内という制限があったので、その中に詰め込めるだけ詰め込もうという考えで書きました。

なので、無駄な記述部分をなるべく減らして、ノウハウの部分をたっぷり入れ込みました。

「これで1620円は安いなー」と思いますが、本の相場ってそんなもんですよね。。。

不動産投資のお金の残し方 裏教科書 税理士大家さんがコッソリ教えるhttps://www.amazon.co.jp/gp/product/4827211345

多分、違う形でリリースすれば3万円くらいしてもおかしくない内容になっています。

でも、真剣に本の制作と向き合っている著者が書いた本であれば、こんなにコストパフォーマンスが良い投資はないですよね

わたしも月に30冊前後、本を読んでいるのですが、本を読むことってホントに知見を広げてくれますよね。

本を読んで興味のがある人であれば、実際、その人が開催するセミナーに行って直接話を聞くことも出来るわけですしね。

いやー、それにしても本の制作がこれほど大変だとは思いませんでした。

我ながら、なかなか良い内容に仕上がったかと思っています。

大変な思いをしただけの甲斐はありましたね。

もし、宜しければ手に取って読んでみて下さい。

河上まりおさんの漫画部分はなかなか良いですよ!