先日、外貨両替ビジネスのお話を伺ってきました。

わたしは資産運用には積極的でありたいと思っているため、ある程度アンテナを張って情報を入れるようにしています。

そういった中で、そのアンテナに引っかかったのが外貨両替ビジネスです。

お話の内容としては、

・今後、外国人旅行者が増える中で外貨両替のニーズが増える

・主な外国人旅行者としては、中国人、韓国人などのアジア人が全体の75%を占める

・東京オリンピックが終了した後も、継続して外国人旅行者は増える

・機械代が一発償却できる

この4点でした。

意外だったのは、思ったよりアメリカ人旅行客は全体から見ると少ないのだという点。

それを聞いて、街でよく見る欧米人は、日本に定住している人なのかなと推測しました。

東京オリンピック終了後も外国人旅行者が増えるという根拠としては、リピーターだそうです。

つまり、日本旅行に満足した外国人が再度、日本に訪れるというもの。

実際、そういう外国人も多いのだそう。

そして、肝心の利回りですが、なんと30%。

初期投資が700万円程。

うーん。

これが本当に実現するならおいしい投資ではあるけど、なぜ今説明している私の目の前の営業の方は購入しないのだろう。。。

それを実際に尋ねてみると、社内で禁止されているのだそう。

うーん。

なんだか、はっきりしない感じですね。

本当ならいい投資案件だと思います。

ですが、なんだか腑に落ちないものを感じたので決断は後日に持ち越しました。

続きは後日、またお話しますね。