今日、不動産業者さんと面談しました。

区分所有オフィスという形態で事業を展開されている業者さんです。

なかなか新しい形態の運営方法で、不動産ファンド、不動産リートと違い、数億円する区分所有のオフィス物件を複数人で分割して所有するのだそうです。

資金を出した人が、その資金に応じた持ち分を持つため、登記簿には数百人の名前が並ぶそうです。

つまり、登記簿を取得した際、何百ページにもなるということになるのでしょう。

登記簿は一部、数百円で取得できますから、法務局側からすると原価割れするのでしょうか。

余計なお世話ですが。。。

信用できる会社さんだと思いましたので、興味のある方はご紹介できますので、お問い合わせフォームからご連絡下さい。